前へ
次へ

症状から探る医療のスペシャリスト

医療機関の中の一般内科では、風邪やインフルエンザ、そこから合併症となる肺炎、急性胃腸炎などの急性期疾患を診てくれます。
また最近では、健康診断の結果を踏まえた生活習慣病など、広範囲の内科系疾患に対応しています。
小児科が近くになく、発熱に戸惑う母親が内科を訪れます。
もちろん、対応してくれます。
「今日はどうされましたか」という医師の声に「のどが痛い」と答える患者さんがいます。
そこからさらに、咳が出るのか、その咳は長引いているのか、痰が出るのか、そうしたのどから誘発される疾患を探ります。
鼻水が止まらない、この症状だけで、鼻からくる風邪なのか、花粉症などのアレルギー性鼻炎なのかを探り出します。
のどや鼻の専門家は、耳鼻咽喉科です。
花粉やインフルエンザの時期、発熱や嘔吐などの症状が現れていないのなら、耳鼻咽喉科を選んでみてはどうでしょうか。
鼻水や痰の吸引、のどの殺菌消毒、鼻からカメラも入れてポリープの有無も確認してくれます。
気管支喘息の患者も医療機関として耳鼻咽喉科がかかりつけになっているほど、良い治療を行ってくれます。

Page Top