前へ
次へ

プール熱に罹った時は医療機関で診察を

プール熱は咽頭結膜熱とも呼ばれていますが、主にプールを介在して罹る感染症の1種です。
全年齢で感染する可能性があり、とりわけ幼児や学童が罹りやすいと言われています。
潜伏期間があるので感染しても直ちに症状は出ず、概ね7日間程度で高熱や咽頭炎などが生じてきます。
そのほかにも様々な症状があり、鼻炎や倦怠感もその1つです。
高熱は4、5日間続きますから、医療機関で適切な治療を受けましょう。
もしも結膜炎になっている際は、必要に応じて眼科などの専門医療機関も受診しておきます。
そして、この原因ウィルスは非常に強い感染力を持っているため、一緒に暮らすご家族も、患者本人と同様に手洗いやうがいをキチンと行い、家庭内感染の予防に努めてください。
さらに消毒用エタノールも用意して、手指をはじめ、身の回りの清潔性を保つのが肝要です。
症状がすっかり良くなった場合でも、ウィルスが残っていることも考えられますから、数日間は発病中と同じく、手洗いや消毒を徹底しておきましょう。

Page Top